• 〒441-8086 愛知県豊橋市問屋町7-1
  • TEL 0532-33-2777 FAX 0532-33-7346

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  遮光資材»  大同塗料 太陽光遮光材クールコート

大同塗料 太陽光遮光材クールコート

「クールコート」は、太陽による温室ハウス内の極端な温度上昇を防止する太陽光遮光材です。
太陽光を遮光して温室内部の過度の温度上昇を緩和し、作物の生育に良い環境を実現します。


【特徴】
①過度な直射日光を効率よく和らげますので、作物の表面温度を低下させます(条件によって変動)。
 その為作物の「イタミ」を軽減し、収穫期間の延長が図れることで効率よく増収につながります。
②外気温が30℃を超えるような夏の暑い日には、ハウス内を3℃~5℃低下させます(条件によって変動)。
 夏の時期にこれだけ気温の差があると、体感的にずいぶんと楽になりますので、作業環境が大幅に改善されます。
③フィルムの種類と遮光目的に応じて3タイプのクールコートを用意しました。
 遮光ネットなどに比べて手間がかからず大変経済的です。
④水性であり、使用している添加剤(防腐剤等)の有効成分はFDA(アメリカ食品医薬品局)にあるものを使用していますので、安心してお使いいただけます。
 
▲【遮光イメージ図】
▲【ビニールハウス内及び作物表面温度】
  (サーモグラフィによる測定)
 
▲【遮光状況】
◎効果が期待できる作物
・イチゴ・トマト・ナス・メロン
・ハウスみかん・キュウリ・ホウレンソウ
・アスパラガス・バラ・ユリ・キク など

温室ハウスで栽培される作物全般に効果があります

PO・ガラス用、農ビ用、長期用の3タイプあります。

価格は全タイプ共に、1缶12,300円(税、送料込)です。
 (ただし沖縄・北海道および離島は別途送料がかかります。別途料金は、後ほどメールにてご連絡いたします。)


※発送までお時間がかかる場合がございます。

※メーカー直送の商品となりますので、代金引換以外のお支払い方法をお選びください。
 (銀行振込・クレジットカード・コンビニ決済)


 

  • 大同塗料 太陽光遮光材クールコート

  • 販売価格

    12,300円(税込)

  • 使用タイプ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 農材SHOP.COMでは、「農業資材の販売」「パイプハウス・ビニールハウス・温室の新築・機器取付・改修・修理・メンテナンス等の各種工事」を承っております。
    当サイトに掲載していない商品・サイズ・規格は、別途お見積りにて承っております。
    お気軽にご相談ください。お見積りは無料です。


    【使用方法】
    缶につき水70Lで希釈してください(8倍に希釈)。 約1反(約1000㎡)の散布が可能です。
    3タイプとも 1缶 10L入です。 

    ●クールコート散布の作業手順・使い方

    ●タイプと容量
     ・POガラス用・農ビ用・長期用
     ・全て10L
     

    ●1,000㎡に対する使用方法(PO・ガラス用の場合)

    希釈率
    (遮光材・水)
    PO・ガラス用(缶) 水(L) 遮光率(%) 落ちる目安(週)
     1:5  1.4  70  45.0  7~13
     1:6  1.2  72  39.0  6~11
     1:7  1.0  70  30.0  5~9
     1:8  0.9  72  22.0  4~8

    ●落ちる目安(標準塗布量:1缶10Lを70Lの水で薄め、1000㎡、約一反に散布)

     
    使用タイプ
    フィルムの種類
    散布する時期
    落ちる目安
    (月)
    PO・ガラス用
    ポリオレフィン(PO)
    春~梅雨期
    1.0~2.0
    梅雨明け~真夏
    1.5~2.5
    農ビ用
    農ビ(PVC)
    春~梅雨期
    1.0~3.0
    梅雨明け~真夏
    2.5~4.0
    長期用
    PO・ガラス・農ビ共用
    通年
    落ちません

     

    ※上記表の落ちる目安は、状況によって落ちにくくなります。
    ※これらの数値はあくまでも目安であり、保証するものではありません。
    フィルムの種類や使用年数、表面の状態、雨量の多少、太陽光線の強弱、散布した時期等々、早く落ちる場合もありますし、
    長期に残る場合もあります。 あらかじめご了承ください。
    ※一般的に春先、気温が低い時期に散布した場合、落ちが速くなる傾向があり、梅雨明け後の気温が高い時期に散布した場合、落ちる
    期間が長くなる傾向があります。 また、8月後半以降に散布する場合は必要以上に遮光期間を長引かせないために、落ちる目安を
    参考にして散布量を加減するなどの配慮をお願いします。
    ※降雨時や散布後の硬化前に降雨の可能性がある場合は、作業を行わないでください。
    付着が悪くなり、落ちが速くなる傾向があります。
    ※状況により個々のハウスに散布した遮光材の落ち具合が違いますので、はじめは薄めに散布し、目安をつかんでから散布量を増やして
    いかれることをおすすめいたします。
    ※長期用を散布すると落ちません。落とす必要がある場合は使用しないでください。
    ※PO・ガラス用剥離遅延剤(1L)、農ビ用剥離促進剤(1L)、クールコート剥離剤(10L)もございますのでご相談ください。


     
  • ●安全衛生上のご注意
    <取扱及び貯蔵上のご注意>
    ①保存状態によっては表面に液体が分離している場合があります。
    開ける前によく容器を振ってください。(分離していても遮光剤の性能に問題ありません。)
    ②散布作業中は、安全メガネやマスク等の保護具を着用してください。
    ③容器からこぼれた場合には、砂などを散布したのち処理してください。
    ④取扱後は、手洗い、うがいを十分に行ってください。
    ⑤しっかりフタをし、できるだけ涼しい場所(ただし0℃以上)で貯蔵してください。
    ⑥子供の手の届かないところに保管してください。
    ⑦中身を使いきってから廃棄してください。
    ⑧希釈したクールコートはその日のうちに使い切ってください。
    ⑨作業終了後は速やかに動力噴霧器を洗浄してください。 クールコートが乾いてしまうとノズルの先端が詰まる恐れがあります。
    ⑩廃棄する時は、産業廃棄物として処理してください。

    <緊急時及び応急処置>.
    ①目に入った場合には、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
    ②誤って飲み込んだ場合には、できるだけ早く医師の診察を受けてください。
    ③皮膚に付着した場合には、速やかに多量の石けん水で洗い落とし、痛み又は外観に変化があるときには、医師の診察を受けてください。


     

関連商品